空耳人生

世界各地でジモティーのフリをする

アルゼンチンでSIMカードを買う

SIMフリーの私のiPhone 7にアルゼンチンのnano SIMを挿してインターネット接続するまでの顛末です。2018/2/22現在

 

ブエノスアイレス・エセイサ空港(空港コードEZE)内にはSIMカードを売っている店がないとの事前情報だったので、今回も仕方なく到着当日は日本から持参し課金しておいたMightySIMを挿してネット接続しました。Zone 2なので割高でしたが、ネット難民になる覚悟はありませんでした。

 

ブエノスアイレス市内の宿に到着して、直ぐにgoogleマップでClaroのお店を探しました。アルゼンチン三大手Claro、Personal、Movistarのどれでも良かったのですが、アルゼンチン人の知人がClaroを使っていると言ったのでなんとなく真似しました。ちなみに宿から一番近いClaroのお店はここにありました。

Alto Palermo Shopping
Av. Santa Fe 3253, 1091 CABA
https://goo.gl/maps/zhso7axw9bB2

 

3階に上がると赤の派手めな内装のお店がありました。入り口には受付番号発行機があり、その横で係りの人が用件を訊いていてくれたので、僕は「Quiero comprar un chip(チップを買いたい)」と言って、該当の受付番号を貰いました。スペイン語圏ではSIMとは呼ばずチップと呼ぶらしかったのでそれで試したらちゃんと通じました。

f:id:fjesLq6H:20180223105950j:image

 

呼ばれたカウンターでもう一度チップを買いたいというと、チップは10ペソであること、料金体系の説明があり、お金を払うと直ぐにSIMカードをくれました。私はその場でiPhoneに挿しました。そして、どのプランにしたいか訊かれたので、「7日間最大2GBのプランにしたい」と言うと、一番出口に近いガラス越しの窓口でお金を払ったらこの紙に書いてある番号(454)にメッセージしろと教わりました。

f:id:fjesLq6H:20180223110638j:image

7日間最大2GBのプランは90ペソなので、それを言われた通りの窓口で払ってから次のようにテキストメッセージを送りました。

f:id:fjesLq6H:20180223111004j:image

テキストに返信が来たら無事開通です。

あとでよく考えたら1日あたりのGB数よりも、1日あたりのペソ額で決めれば良かったです(個人的に2GBを10日で使い切ることなどあり得ないので)。10日間110ペソのプランを月3回使ったとすると330ペソ、日本円で1700円ぐらいですから、日本で使っていた格安携帯と同じぐらいの値段ですね。

 

ちなみに有効期間とデータ残量を知りたいときは次の番号を呼び出します。

f:id:fjesLq6H:20180223111147p:image

すると実際には電話ではなく文字によるやりとりが始まります。ここから先はひたすら「返信」「1」を繰り返し入力していきますが、画面はこんな感じになります。

 f:id:fjesLq6H:20180223112246j:image

f:id:fjesLq6H:20180223112300j:image

f:id:fjesLq6H:20180223112321j:image

f:id:fjesLq6H:20180223112332j:image