空耳人生

世界各地でジモティーのフリをする

お休み

地元のインドカレー屋で晩御飯を食べた時の出来事。この店の店長とも最近は仲良くなり、この日もヒンズー語であれは何ていうのこれは何ていうのなんてやりとりを散々して、さあ帰ろうという時。僕がお休みというと店長間髪入れず「素晴らしい!」と一言。 帰って寝るのの何がそんなに素晴らしいんだろう?さては店長、長時間労働でお疲れかな?と思ったら、実はスバラトゥリ(shubh raatri)と言っていたことが判明。ヒンズー語でgood nightという意味でした。お疲れだったのはどうやら僕の耳だったようです。